品川の鍼灸院内の雑誌に災害救助犬の記事

品川の鍼灸院に行ったときに、院内の雑誌に災害救助犬の記事を見つけました。
震災のその後の記事だったのですが、
NPO法人によると災害救助犬の訓練や候補犬の訓練を続けながら、
セラピー犬としても活躍しているそうです。
地域福祉に貢献するわんこ達、素晴らしいですね。
福島県飯館村など警戒区域から候補犬が仲間入りすることもあるそうです。
いろいろ興味がわいてきましたので家に帰ったらもう少し調べてみようと思います。

人間の家の火災保険のように犬小屋の火災保険もでるしょうか?

人に生命保険がありますが、犬や猫にも生命保険があるのをご存知でしょうか。
死亡保険はありませんが、ペットが病気になった際にかかる医療費の
50〜70%を補填してくれるものが多いとのことです。
昭和には考えられないようなサービスですが、
少子化が進みペットを子供のように溺愛する方も多くおり、
ペットの医療費も高額している傾向にありますから
自然の流れのサービスとも言えるかもしれませんね。
救助犬などは、怪我も多いでしょうから保険にはきっと入っているでしょうね。
いつか、人間の家の火災保険のように犬小屋の火災保険もでるしょうか?ないか…。